相続人の住所が判明!

相続案件をすすめる中で、「この人、長年連絡をとってないからどこに住んでいるのかわからないんですよ~」ということがあります。 そんなときでも心配ご無用。司法書士は、職権で、「戸籍謄本」や「戸籍の附票」を

2018年3月16日

越谷の法務局へ。

昨日は不動産売買のお仕事で越谷に行ってきました。遠いイメージがありますが、ウチの事務所からは1時間ちょっとでした。 買主さんが売主さんにお金を払い、売主さんは買主さんに権利証や鍵を渡し、とやるわけです

2018年3月14日

前妻のお子さんからの連絡

相続案件をすすめるなかで、戸籍をあつめ、家系図をつくっていくと、「あれ?この人は誰だ?」ということがまれにあります。「依頼者の方から聞いてないぞ?」と。 亡くなったご主人の前の配偶者の方とのあいだにお

2018年3月5日

このページの先頭へ