遺産分割協議書での不動産の書き方。

小平市の 司法書士 手塚宏樹です。

遺産分割協議書の書き方はネットを調べれば、いくつも記載例を探すことができます。弊所にご依頼いただくお客様の中でも、ご自身で遺産分割協議書を作成してお持ちになる方がいらっしゃいます。しかし、そのまま登記手続きで使えたことは、ほとんどありません。。

というのも、遺産分割協議書には当然、遺産を列挙していくわけですが、その中に不動産がある場合、登記簿どおりに書く必要があります。とくに、土地ならば「地番」、建物ならば「家屋番号」を記載しなければなりません。マンションになるとさらに書き方は複雑になります。

弊所にご依頼いただいた場合には、遺産分割協議書は、追加料金なしでこちらで作成いたしますので、資料のみお持ちいただければご自身で作成していただく必要はありません。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ。

2016年11月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:相続登記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ