亡くなったことを伝えると銀行口座は凍結されます

口座名義人の方が亡くなったことを、その銀行が知ったときは、口座からお金を引き出せなくなります。
あくまでも、「知った」ときです。
役所に死亡届を出したからといって、それは関係ありません。

その後、お金を引き出そうと思ったら、戸籍謄本、印鑑証明書などを集め、相続の手続きをしなければなりません。

また、貸金庫についても同様です。
金庫を借りている人が亡くなると、開くことができなくなります。

ご注意ください。

2013年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:遺産整理

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ