株式の相続

会社を経営されている方が亡くなると、通常の相続手続きとは少し異なる手続きが必要です。

そこには、会社の株をどうするのか、という問題も含まれます。
経営者の方は多くの場合、自社の株をお持ちですからその承継についても考えなければなりません。

公開されている株式の相続であれば(たとえばソニーとかトヨタとか)、
証券会社で相続の手続きをすればそれでOKです。
それもけっこうな手間と時間はかかりますが。。

上記のような株式であれば、市場で価格が明らかですが、そうでない会社の株式であれば、まずお金に換算するとどのくらいなのかということを計算しなければなりません。
これは税理士さんの職分ですね。

で、その後、遺産分割協議書を作成して、その中で株式を引き継ぐ人を決めます。

ただ、その会社の株式をだれが持っているのか、ということは会社の登記簿には載りませんので、とくに登記手続きはする必要がありません。
株主名簿を適宜、変更しておけば足ります。

2013年11月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お役立ち情報

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ