離婚後に、未成年者の親が死亡した場合の親権はどうなるのか?

司法書士の手塚宏樹です。最近あったお問い合わせから。

「両親が離婚したあとに、親権を持つほうの親が亡くなった場合、親権はどうなるのでしょうか?」

↓↓↓

これは、生存しているほうの親に親権がいきそうな気もしますが、法律上、そうはなっていません。

親権を持つほうの親が死亡した時点で、「未成年後見人」が子どもの面倒をみることになります。

未成年後見人は、遺言などで指定がされていなければ、家庭裁判所に申立てをして選任してもらうことになります。

2015年10月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お役立ち情報

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ