戸籍の附票

こんにちは。小平市の司法書士・手塚宏樹です。

相続登記の際にする書類の説明で、

みなさまがほとんどご存知ないのが「戸籍の附票」。

これは、ある人の住所の変遷がずらずらっと記載されているものです。

本籍地で取ることができます。

本籍を変更すると、

また別の「戸籍の附票」がつくられることになります。

私は住民票を使うことはあまりなく、

この「戸籍の附票」を使うことがほとんどです。

2012年3月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ