遺産分割協議書の作成。

こんにちは。小平市の司法書士・手塚宏樹です。
相続登記の際には、
「遺産分割協議書」というものを作成します。
この不動産は相続人のうちの誰が取得する、
と決めて相続人全員の署名押印をするものです。
登記をするためだけであれば、
不動産のことだけ記載すればそれで十分です。
しかし、
実際にはお亡くなりになった方には
不動産のほかに預貯金や株式などもある場合が多いですから
それについても記載したほうがよいですね。
資産家の方など、
遺産分割協議書が何ページにもわたることも多々あります。

2012年3月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ