キホン的なことで。

昨日、問い合わせの電話がいくつかありました。

そのうちの一つは、「母の名義になっている自宅は、この先、誰のものになるの?いま何かしておかなくてはならないの?」というものでした。

その方は、「母」の子ども。
他に兄弟はいません。

「もし私が母よりも先に亡くなったらどうなるの?」というご質問も。

その方にお子さん(「母」の孫)がいますので、そのお子さんが権利を取得することになりますね。

専門家にとっては基本的な知識ですが、知らないと不安になりますよね。

2013年12月4日 |

カテゴリー:ブログ

このページの先頭へ