戸籍謄本は何セット集めればよいか?

小平市の司法書士、手塚宏樹です。

相続手続きをするにあたって、避けて通れないのが戸籍謄本を集めること。亡くなった方が、お生まれになってから、お亡くなりになるまでの、すべての戸籍が必要だし、相続人の方々の現在の戸籍も必要です。印鑑証明書や住民票もいりますね。

銀行や、法務局や、保険の請求や、提出するところがたくさんあるので、戸籍や印鑑証明書もその分だけ集めなければならない、とお考えになられるかと思いますが、そんなことはありません。ほとんどの銀行や、あるいは法務局でも、書類は、手続きが終われば返してくれます。戻ってきたら、べつの手続きに使うようにすれば、時間は多少かかってしまいますが、5セットも6セットも揃える必要はありません。1セットだけで済むケースも多いはずです。

1セット集めるのに、数千円~1万円以上の実費がかかることがありますからね。

もちろん、手塚司法書士事務所では、戸籍謄本の収集の代行も行っております。

2015年11月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お役立ち情報 ブログ 相続登記 遺産整理 遺言

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ