連絡がつかない相続人。

こんにちは。小平市の司法書士、手塚宏樹です。

いろいろなご事情で、相続人間で、連絡がつかないということがあります。相続手続きをすすめるには、相続人全員の合意が必要なのですが、連絡がつかないとなると、そこで壁に当ってしまいます。

こういった場合、連絡先を調査して、相続人の方を探しだし、お手紙を送るところからはじめなければなりません。お手紙を送るにしても、どのような文面で送ったらよいのか、みなさんわかりませんので、私どもが代わって文案を作成いたします。

また、いきなり司法書士事務所から書類が送られてきても、相手の方も驚いてしまいますので、ご依頼者の方から直接お送りしてもらうようにしています。

自分が突然、司法書士とか弁護士から手紙をもらったら、「なんだこれは!?」となり、最初からこじれてしまうケースも少なくないようです。

このようなケースも手塚司法書士事務所でお受けできますので、お気軽にお電話ください。

私のプライベートのブログはこちらです。

2015年11月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ