特別代理人、未成年後見人。

小平市の司法書士、手塚宏樹です。

司法書士は、不動産の名義変更のような「登記」だけでなく、裁判所へ提出する書類の作成もおこないます。今日はたまたま、「特別代理人」の選任と、「未成年後見人」の選任の手続きについての書類が二つ完成しました。

それぞれ別の案件ですが、いずれももともとは相続に関するご相談でしたら、くわしくお話を伺っていくうちに、必要なことが判明した手続きです。相続人のうちに未成年の人がいると、一筋縄ではいかないことがあります。

相続人全員が成年者でしたら、話がまとまりさえすれば、手続きはスムーズにすすめることができます。しかし、未成年者がいると、その人は一人では法律行為ができません。たとえば、どこかの会員になろうとすると、親の承諾が必要なんていうことがあります。それと同じで、日常の小さな買い物(売買契約)などは別ですが、法律行為をしようと思ったら親権者の同意がいります。

相続の場面では、「遺産分割協議」に参加して、内容を決定するという法律行為がありますが、これを未成年者は単独ですることができないのです。そこで親権者の同意が必要となるのですが、親権者も相続人ということがあります。お孫さんを養子にしているお祖父様がお亡くなりになった場合などがそれにあたります。

すると、「利益相反」というのが問題となります。同意をすべき親権者とその子(孫)の利益が相反すると。簡単にいうと、親が自分の都合のいいような内容で遺産分割をすることができるという理屈です。そんなことしないよと言っても、法律は形式だけでみますので、こういったケースは必ず「特別代理人」の選任が必要になります。これは家庭裁判所の手続きです。本来、同意をすべき親権者の代わりに、子ども(上記の例では孫)に同意を与える者です。直接、相続とは関係のない親族の方がなったりします。

これに対して、「未成年後見人」というのは、未成年者の面倒を見る人、です。たとえば、幼い子供をもつ夫婦が離婚して、母親が親権をもったとします。もし、この母親の方が亡くなったとしても、父親には当然には親権は移りません。すると親権者がいない状態になってしまいますので、「未成年後見人」を家庭裁判所で選んでもらいます。特別代理人の手続きよりも、ずっと書類も煩雑で、その量も多くなります。財産目録なども提出しなければなりません。特別代理人はそこまで求められませんが。

最後のゴールまで無事に進められるように、しっかりがんばります。

私のプライベートのブログはこちらです。

2015年11月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 業務日誌 相続登記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ