海事代理士。

司法書士は、おもに不動産の「登記」を扱います。だれが所有者で、どんな内容で担保に入っていて、だれから相続して、とかそういった情報が登記簿に記載されます。その手続きをするのが司法書士。

「登記」制度があるのは、不動産だけではありません。「船」にも登記制度があります。そして、「海事代理士」という資格があります。

趣味でヨットに乗るので、海のことにはもともと興味があります。それをどの程度、仕事として使うかはまだしっかりと考えてはいませんが、資格は持っておきたいなと前からぼんやりと思っていました。

ふと思い立ってネットで調べてみると、合格率もそれほど低くなく(というか、だいぶ高い)、いけるのではないか、と楽観的に考えています。試験は年一回で、9月に行われています。

まだ十分時間もありますし、きちんとスケジュールを組めば問題ないでしょう!10何年ぶりかの試験、がんばります!

後の記事:
前の記事:

2016年11月3日 |

カテゴリー:ブログ

このページの先頭へ