「登記研究」

司法書士は、当然、司法書士試験に合格した者で、試験勉強はそれなりに大変だったわけですが、合格して実務をやっていく上で、つねに勉強し続けなければいけません。

新しい法律や制度、登記の通達、先例など、情報をチェックしていないと、いざというときに「えっ、そんなこと知らなかった!」となってしまいます。そうなると、ご依頼者の方々にご迷惑や、損害を及ぼしてしまうこともないとはいえません。

日々の業務に埋もれてしまいそうになりますが、定期的に時間をとって、専門誌を読んだりしています。

今日は、この「登記研究」を読んでいます。読み終わったら、通常業務に戻り、夜は家族で食事に出かける予定です。

2016年11月5日 |

カテゴリー:ブログ

このページの先頭へ