権利証をなくしても大丈夫。

法務省から、「平成30年台風7号及び前線等に伴う大雨による被害」により土地・建物の権利証(登記済証・登記識別情報通知書)を紛失した場合について、との通達が出ていますね。

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/content/001263416.pdf

災害によって権利証や登記識別情報通知などの大事な書類を紛失してしまったとしても、それだけで土地や建物の所有権を失うものではありません、という内容です。

じっさい、所有権を他社にうつすには、権利証・登記識別情報通知のほかに、所有者の印鑑証明書、実印も必要になります。

なお、権利証はいかなる場合にも再発行はされません。紛失したのちに、権利を移転する場合には、司法書士が「この人は間違いなく所有者本人です」と保証する内容の書面を作成し、権利証にかえて手続きをします。

不定期更新のプライベートなブログです♪

2018年7月11日 |

カテゴリー:ブログ

このページの先頭へ