プロフィール |

〒187-0003 東京都小平市花小金井南町1-13-23 エミネンスパレス302

プロフィール

手塚司法書士のご紹介

NPO法人相続アドバイザー協議会 認定会員 手塚宏樹NPO法人相続アドバイザー協議会 認定会員 手塚宏樹

東京司法書士会所属登録番号第4065号

簡裁訴訟代理関係業務認定会員

法務大臣認定番号第501135号

NPO相続アドバイザー協議会認定会員

手塚司法書士のプロフィール

司法書士。

遺言の作成を通じて相続争いを予防し、家族の絆を守る「遺言作りの職人」。

実家の相続争いにまきこまれた苦い経験から、相続専門家としての道に進み、
全国300名以上の相続専門家とのネットワークを構築。

暗号のような戸籍の読み解きをこれまで3000件以上行ってきた経験に基づき、家計図より浮かび上がる様々な人間模様からトラブルの芽を嗅ぎ分 け、遺言作成による相続争いの予防をアドバイスする。「遺言は保険と同じ。元気なうちに準備しろ」 や 「妻への最高のプレゼントは 『全ての財産を妻に 相続させる』 と書いた夫の遺言」 など、相続について現場経験に裏づけされた独自の思想を持ち、遺言作成により、相続争いで崩壊する家庭や相続手続で苦労する相続人をなくすことを生涯の仕事とする。

手塚司法書士の経歴

昭和51年1月4日生まれ。

宮城県仙台第一高等学校卒。

立命館大学国際関係学部卒。

日興證券株式会社に入社し、個人客相手の営業を行う。

その後、海外放浪の期間を経て、株式会社ロックフィールドに入社。

路面店舗(そうざい店)で店長職を経験。

退職後、司法書士試験に合格。

平成17年司法書士登録、手塚司法書士事務所開設。

手塚司法書士からのコメント

こんにちは、司法書士の手塚宏樹です。

私は、遺言書の作成を通して相続争いを予防し、家族の絆を守る「遺言作りの職人」です。

これまで、30代のサラリーマン、主婦、会社経営者、定年後の方といった様々な人々の遺言書を作ってきました。

亡くなる7時間前の方の遺言書も作りました。

これまで、相続手続きに不可欠な、暗号のような戸籍の読み取りを3000件以上こなしてきた実績があります。

この実績から、当事者でも気づかない隠れた相続の落とし穴を瞬時に発見する能力を持ちます。

この能力を活かして、相続争いを防ぐための遺言の大切さを世の人々に伝えることが自分の使命だと考えています。

司法書士として相続関係の仕事を受けるなかで、「遺言さえ遺してくれていれば、家族が崩壊することもなかったのに」、「遺言があれば、余計な時間と費用がかからずに済ませることができたのに」と、思うことが多々あります。

私は、「遺言は保険と同じ」という考えを持っています。

自分に万が一のことがあった場合に備えて保険には入りますが、

遺言を書く人など、特に若い世代であれば皆無に近いと思います。

しかし、たとえば、結婚して子供のいない方には全員、遺言を書いていただきたいのです。

あなたが亡くなった場合の相続人は、あなたの配偶者とあなたのご両親(又はあなたの配偶者とあなたのご兄弟)です。

この人々が遺産分けの話し合いをします。

あなたが亡くなって悲しみにくれている配偶者の方にそんな心労をかけていいのですか。

未成年のお子さんがいる方も遺言を書くべきです。

遺言がないと相続手続きがとても面倒になり、手間と時間がかかります。

遺言をつくるのは、思っているほど難しくありません。

私の理想とする世界は、亡くなった人の思いが実現され、遺された人々が仲良く暮らせるような相続争いのない世界です。

遺言があれば相続の争いを防いだり、手続きを大幅に省略することができるということを、世に伝えたいと考えています。

私自身、毎年誕生日に、家族のために遺言を書き換えています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

提携している専門家のご紹介

手塚司法書士事務所では、各分野の専門家同士と連携することで、問題解決のための最適なご提案が可能です。

司法書士業務のみならず、弁護士、税理士、社会保険労務士といった各分野の専門家と強力なタッグを組むことで、幅広い知識でサポートすることができ、更に最適な人材をご紹介することも可能なのです。

手塚司法書士事務所を通すことで、各専門家の方との問題解決もスムーズに行うことができ、安心してご依頼頂けます。

弁理士 宮川 そうすけ氏

弁理士  宮川 そうすけ氏

ネオフライトクリエイションズ

ネオフライト国際商標特許事務所

代表 起業知財コンサルタント

弁理士 宮川そうすけ氏

http://www.naming-guard.com

宮川様からのコメント

とにかく人なつこい笑顔で魅了する 手塚さんと初めてお会いしたときの印象です。司法書士というお堅い職業のなかにも、こんな風に輝きを放つ人がいるんです。しかも、本業の遺言・相続の話になると、いちだんと目がやさしくなるだけでなく、頭の中は超高速回転。彼の口から発する一言一言が、ゆるぎない信頼へと変化させる。わたしも、そんな手塚さんの魔法にやられた一人です。

遺言・相続のプロ、手塚さんにぜひ一度ご相談してみてください!

行政書士 / 社会保険労務士 箕輪 和秀氏

行政書士 / 社会保険労務士  箕輪 和秀氏

行政書士

社会保険労務士

ワークライフバランスコンサルタント

箕輪和秀氏

http://kminowa.com

箕輪様からのコメント

初めてお会いしたのは、ある起業セミナーでしたが、たまたま席が横になってお話させて頂きました。そう非常にお話しやすい雰囲気をもたれていたのです。「誠実でいて、なおかつ頭の回転が速い」それが手塚先生と初めてお会いしたファーストインスピレーションでした。

聞けば相続を専門にされているとのこと。相続というのはその方の人生の最後のものなのですよね。その方の人生を手続する。この笑顔と人あたりのよい雰囲気をもっていらっしゃるからこそだと思います。

人生の最後をどうしておきたいのか?どうすればいいのか?

是非相続職人にご相談して下さい。

土地家屋調査士 木口 尚典氏

土地家屋調査士  木口 尚典氏

土地家屋調査士

木口尚典氏

http://kiguchi-office.com

木口様からのコメント

私が手塚さんと始めてお会いしたのは都内で開催された交流会でした。

自己紹介でコロッケ屋さんから司法書士に転職された話は印象的でした。現在は相続を専門にされていることもあり、落ち着いた物腰と話ぶりは安心感とひたしみやすさを感じます。

デリケートな相続の話もこの先生のように人当たりの良い方が仲立ちに入る事でスムーズに運ぶのでしょう。

特定社会保険労務士 小泉 正典氏

特定社会保険労務士  小泉 正典氏

社会保険労務士 小泉事務所

特定社会保険労務士 小泉正典氏

http://koizumi-office.jp

小泉様からのコメント

とにかく第一印象が「さわやか」の一言に尽きる方です。この笑顔にやられてしまいます。とは言え、仕事となると…、遺言、相続、登記に関する強い味方となります。

依頼者の皆さまのために最善の解決方法を提案してくれることでしょう。

皆様に自信を持ってお勧めできる司法書士さんです。

心理カウンセラー 高橋 聰典氏

心理カウンセラー  高橋 聰典氏

株式会社マインドサポート

心理カウンセラー 高橋聰典氏

http://www.kokoronokotoba.jp

高橋様からのコメント

司法書士という一見お堅い職業に感じますが、手塚さんは常に相手目線です。つまり、あなたの立場になって物事を考えてくれるので、きっとご相談された方は、『親身になってくれているな~』と感じる事でしょう。それは手塚さんの人間としての軸が、『まず人と信頼関係を築きたい』というものだからです。

この【思い】を持った司法書士手塚さんは、きっとあなたの相続問題のお役に立つことでしょう!

せいじょう鍼灸院 草野 健朗氏

せいじょう鍼灸院  草野 健朗氏

株式会社 Sky Walker 代表取締役

せいじょう鍼灸院 草野健朗氏

http://www.bodybalance-labo.com

草野様からのコメント

手塚先生は売り上げの面から考えると決して利益率が高いとはいえない遺言書の作成についてライフワークと言っても過言ではないような形で取り組んでいらっしゃる先生です。経験を通して皆様に遺言作りの必要性を訴えている素晴らしい先生です。私の遺言書作成についても親身にアドバイスをしていただきました。一方プライベートな面では、私と同様にハードロックやへヴィメタル、プロレスが大好きな明るくて楽しい一面も持っています。たまに食事を一緒にさせていただくと話題につきません。

そんな手塚先生を遺言書作成だけでなく、司法書士の業務に関するお仕事で推薦しています。

オフィスデザイン・移転・業務効率改善 松本 真二氏

オフィスデザイン・移転・業務効率改善  松本 真二氏

オフィスデザイン・移転・業務効率改善

株式会社アカンプリッシュ

代表取締役 松本真二氏

http://www.accamplish.com

松本様からのコメント

手塚さんには、遺言を作っていただきました。今、自分は35歳ですが、、、

と、いうのも遺言って、死が迫った人にしか必要ない、と思っていたのですが、手塚さんの話を聞いて認識がガラっと変わりました。
遺言は、仕事で例えると「申し送り書」みたいなものだと自分の中では解釈しています。例えば、病院で夜勤→日勤への申し送りは「Aさんは、こういう症状が出たので、この薬を出しました」みたいな。

もし、自分に何かがあったら、この申し送りがないと家族はどうしたらいいか分からないことがたくさんあるでしょう、きっと。更に、自分は経営者なので会社のことも残された人は考えなければなりません。財産なんて全然ないのですが、家族に安心してもらう、家族が変なトラブルに巻き込まれないようにするために自分は書きました。

一度、話を聞いてみるだけでも新しい発見があると思いますよ。ただ、写真の手塚さんと実物はちょっと違うのでビックリしないでください(笑)

東京都小平市花小金井南町1-13-23 エミネンスパレス302 手塚司法書士事務所

このページの先頭へ